設立と目的

 「一般社団法人北陸地域づくり協会」は、公益法人制度改革に基づき、平成25年3月28日付で内閣総理大臣の移行認可を受け、同年4月1日付で「社団法人北陸建設弘済会」を名称変更し、一般社団法人へ移行したものです。

 従前組織である「社団法人北陸建設弘済会」は、建設事業の円滑な推進を図り、国土の健全な発展に寄与することを目的として、昭和42年4月に創設し、その後の建設行政に対する社会ニーズの多様化・高度化に伴い建設事業に関する業務、並びに建設行政の資質向上に寄与するための講演会、講習会、広報活動等を推進してきました。
 また、地域活性化支援を目的とした助成制度を創設し、地域活性化のための研究助成や技術開発助成等、災害支援として会員の技術力や経験を活かした防災エキスパート制度を発足させ災害発生時の復旧支援等の地域貢献を行ってきました

 「一般社団法人北陸地域づくり協会」に移行後も「国土の利用及び整備又は保全事業、災害防止の支援に関する事業の円滑な推進を図り、もって、国土の健全な発展に寄与する」を目的とし、従来の事業を承継するとともに更なる充実を図って参る所存であります。

このページの先頭