HOME > 大河津分水双書

昭和6(1931)年に完成した信濃川大河津分水は、新潟の近代化の基礎を築き、「大地に恵み、人にやすらぎ」をもたらした一大土木事業です。この偉業をさまざまな資料からひも解き、事業に携わった多くの先人たちの志を後世に伝えるとともに、地域の歴史に欠かすことのできない記録として制作しています。

このページの先頭