青山士・宮本武之輔と山宮半四郎 補遺

大河津分水を中核とする治水事業は、新潟県の近代化の基盤を築き、越後平野の大地を我が国有数の米どころに変えた。その原動力はまさに、農民の治水と「土地改良」への不断の努力であると言えよう。本巻は、大河津分水と信濃川下流の土地改良に関わる農民自らの労苦を伝える記録を中心に構成し、第六巻に続いて青山、宮本、山宮の関係資料を収録した。

定価
1,200円(消費税込・送料別)
発行
社団法人 北陸建設弘済会
平成19年5月
編集・執筆
五百川 清(信濃川大河津資料館友の会 顧問)
コラム寄稿
五十嵐 晃(国土交通省 北陸地方整備局 横川ダム工事事務所長)
松沢 寿重(新潟市美術館 学芸員)
体裁
A4判オールカラー 84ページ

目次

  • 本巻の構成と概説
  • 《図説》信濃川下流−大河津分水と「土地改良」
  • 東西合併悪水路工事設計書 抄
  • 我が村の客土(森山耕田)
  • 越後の米つくり−横田七十年の郷土史− 抄(野崎慶二)
  • 越後の米作り 後編−横田五十年の郷土史− 抄(野崎威治)
  • 写真に見る 鳥屋野潟周辺の土地改良完了前(昭和二十九年)の状況とその変化
  • 信濃川の水防−メガネ土手とその分布(明治三十四年の測量図から)
  • コラム寄稿
    • 『大河津分水路の地すべり』五十嵐 晃
    • 『土木家・前川貫一と建築家・前川國男 父から子へ−受け継がれた志』松沢 寿重
  • 青山士・宮本武之輔・山宮半四郎 関係資料 補遺

このページの先頭