HOME > 大河津分水双書 > 第9巻 図説 大河津分水前史

信濃川の自然と先人の志を語る

第1巻から第8巻までの資料編を生かし、第9巻では大河津分水の歴史をその根底にある自然を含めて、一般の多くの方々に知っていただきたい「ものがたり」としてまとめています。

本巻では、越後平野を大きく変革した「近代化遺産」大河津分水のいわば前史として、近世以降、明治期に至る人びとの足跡と「志」を平出 修『夜烏』の風土を中心におき、その歴史から大河津分水への悲願が生まれたことを伝えます。

定価
1,200円(消費税込・送料別)
発行
社団法人 北陸建設弘済会
 
平成21年7月
編集・執筆
五百川 清(信濃川大河津資料館友の会 顧問)
体裁
A4判オールカラー 84ページ

目次

第一章 大河津分水を訪ねる

  1. 近代化遺産大河津分水
    -そのテクノスケープ
  2. 大河津分水のなりたち
  3. 大河津分水の主な施設
  4. 分水路とその施設
  5. 大河津分水の働き
  6. 関屋分水と隧道(トンネル)

第二章 信濃川の自然と洪水被害

  1. 母なる信濃川-その特色
  2. 信濃川・千曲川の古地理
  3. 越後平野のおいたち
  4. 信濃川流域の地形と洪水被害
  5. 信濃川流域の気象と洪水被害

第三章 大河津分水へのみち

  1. 戦国越後の統一と江戸時代の小藩割拠
  2. 近世初期-信濃川流域の新田開発
  3. 村の成立と在町-舟運と信仰でつながる風土
  4. 水害の頻発-宝暦の「横田切れ口説き」
  5. 享保期「松ヶ崎掘割」から「大河津分水」出願へ
  6. 近世-水の信仰と「水の思想」序曲

第四章 第二次大河津分水工事の実施まで

  1. 第一次分水工事
  2. 明治期-水の思想家と治水運動
  3. 信濃川改修と河口改修
  4. 小説『夜烏』の風土にふれて
  5. 大水害「横田切れ」と国政への建策
  6. 河川法の成立と河川行政の転換

このページの先頭